SEO対策のSEO-Alec
集客コンサルタント稲田ブログ 相互リンク

相互リンクacseoLink

お見合い全国仲人連合会

結婚相談所 福岡

婚活 福岡

結婚相談所 北九州の全国仲人連合会福岡地区本部

グリーティングカード

  
Posted by at

2010年09月07日

ネット販売と通信販売

【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について

























安い保険料(掛け金)というと、すぐにインターネットか通信販売をイメージするのではないでしょうか?
ですから今回は、これについて説明します。


結論から言いますと、間違いです!




具体的に2つに分けますね。
1.同じ会社が面談募集(営業パーソンによる販売)とインターネットや通信販売の両方をしている場合。」と「2.インターネットまたは通信販売のみの会社の場合。」です。




1.同じ会社が対面募集(営業パーソンによる販売)とインターネットや通信販売の両方をしている場合。


同一の商品の場合、保険料は全く同じです。
ならば、担当者がいる方がいいのではないでしょうか?



2.インターネットまたは通信販売のみの会社の場合。
生命保険は、保障期間や特約など複雑なので、まったく同じ設計での比較が難しいのですが、対面募集の場合と大差はありません

性別や年齢によって、どちらかが安いこともあれば高いこともあり、総じて大差がありません。

注意すべきなのは、この販売方法の商品は本来は外すことの出来る特約などがセットになっているため、ムダが出る可能性が高いことです。
選択肢が少ないということも出来ます。



専門家である私自身が自分の保険を選ぶ時、もちろんインターネットを含め、いろいろ調べたのは言うまでもありません。
結果、保険料」「設計の自由度」「商品の性能」「保険会社の安定性」などを考え、私自身が取り扱っている保険会社に加入しています



決して我田引水のためではなく、みなさんが「安い保険料を追及」するなら、複数の保険会社の商品を取り扱っている「保険代理店」に問い合わせるのが一番だと言いたいのです。

さらに言いますと、扱っている保険会社は外資系、損保系が望ましいです。
なぜなら、「医療」「「ガン」「死亡」などの商品を単品で販売しているからです。

必要な保障のみを、複数の保険会社を比較し、「安さ」という点で選ぶことが可能です。


【注意】この記事では、損害保険については触れていません。



【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について  

Posted by 生命保険認定士 at 07:20Comments(2)ネットと通販