SEO対策のSEO-Alec
集客コンサルタント稲田ブログ 相互リンク

相互リンクacseoLink

お見合い全国仲人連合会

結婚相談所 福岡

婚活 福岡

結婚相談所 北九州の全国仲人連合会福岡地区本部

グリーティングカード

  
Posted by at

2010年08月13日

重大な経済リスク

【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について


























仕事に忙殺されて、間があいてしまいました。

さて今回から一般の方が気になる「医療系」のお話です。


この分野はいくら書いても書ききれないほどお伝えしたいことがあるので、まずは「経済リスクの高い」ものから書くことにします。



仮にすべての入院が一週間以内でしかも完治するとしたらどうでしょう?
保険に入る必要はあるでしょうか?



私は必要ないと思います。
では、高額療養費制度内の治療で20日間の入院ならどうでしょうか?


このあたりから迷うところですが、でもまあ保険はなくてもなんとかなる方が多いでしょう。



では、「経済リスク」の高い病気とはどんなものでしょうか?

1.長期入院や再発が多い病気
2.社会復帰に時間がかかり収入減につながる病気
3.健康保険が適用されない「先進医療」をよく使う病気



ということになり、総合的に判断すると「ガン」に尽きます。

上記3つが重なると、途方もないお金が必要となり、治療どころではなくなるケースも出てきます。




例を挙げてみましょう。

福岡のラーメン店の店主46歳男性、繁忙時には奥さんが手伝うとは言え、仕込から接客までほぼ一人でこなしている。
開業後3年でリピーターも多くなり、年収800万円に到達し店舗拡張も考えているところだった。

家族に対する責任感も強く毎年健康診断を受けていたが、肺がんが発見される。
医師から「重粒子治療(先進医療:約300万円)」を勧められ、実費ではあるが体に負担が少なく社会復帰も早いことを考慮し、受けることを決断。

一番近い兵庫県の病院に入院し30日入院・・・計340万円
退院後も定期的に兵庫まで検査通院・・・交通費を含め年間約200万円
退院後は店を開けられない日も多く、開けてもムリをしないように営業時間を短縮・・・年間の収入減約500万円


入院から1年間だけで、計1000万円の出費です。

さらに退院後5年間は検査通院が必要になり、まだまだ出費は続くだけではなく再発の不安との闘いもあります。



次回からはガンをもっと詳しく考えてみましょう。



【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について  

Posted by 生命保険認定士 at 12:19Comments(0)重大な経済リスク