SEO対策のSEO-Alec
集客コンサルタント稲田ブログ 相互リンク

相互リンクacseoLink

お見合い全国仲人連合会

結婚相談所 福岡

婚活 福岡

結婚相談所 北九州の全国仲人連合会福岡地区本部

グリーティングカード

  
Posted by at

2010年08月16日

早く治すために

【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について





















前回の数字からすると、誰もがガンにかかって当然ということが分かりました。

では、私たちはガンにかかることを前提に何をすれば良いのでしょうか?

それは、

1.早期発見

2.適切な医療機関と適切な治療法


に尽きます。



1番の早期発見に異論を唱える人はいないと思います。

ならば気が乗らなくても、年に一度は内視鏡を含めた健康診断を受けるのがよいと思います。

イヤですがボクもがんばろうと思っています(笑)。



さて2番、ガンと診断されたら・・・ここからが重要です。

治療技術は医療機関と医師によって驚くほど違うのが現実です。



普通ガンを見つけてもらったら、その病院で治療を受ける人が大半ですが、今一度考える必要があります。

その病院がその種類のガン治療で特化しているとは限らないからです




セカンドオピニオンを受けるべきです。

欧米ではセカンドオピニオンは当然とされていますが、日本ではまだまだです。



オピニオンとは英語で「意見」を意味し、最初にガンと診断しその治療法を提案した「意見」をファースト(第一)オピニオンと言います。

これに対し、第二(セカンド)の医師の意見(オピニオン)を「セカンドオピニオン」と言います。



セカンドオピニオン
を受けることにより、場合によっては「生死を分ける」ことすらあり、治る場合も「その早さ」が違います。

次回は日本におけるセカンドオピニオンの現状を説明します。




【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について


  

Posted by 生命保険認定士 at 08:21Comments(0)早く治すために