SEO対策のSEO-Alec
集客コンサルタント稲田ブログ 相互リンク

相互リンクacseoLink

お見合い全国仲人連合会

結婚相談所 福岡

婚活 福岡

結婚相談所 北九州の全国仲人連合会福岡地区本部

グリーティングカード

スポンサーサイト

  
Posted by スポンサー広告 at

2010年08月21日

実例「子宮ガン」

【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について




























では、実際にガンの治療では、どんなことにどれくらいお金がかかっているのか、実例を紹介します。


【子宮頸ガン】
20代独身女性A子さんの場合。

青文字はかかった費用
赤文字は自己負担額(保険適用など)です。




1.職場で受けた検診で、子宮ガンの疑い
  最寄の大学病院で受診

 ・細胞診、画像検査など・・・7万円2万円



2.その大学病院でIb期ガンとの診断、子宮と卵巣の提出が必要と言われたため、専門病院でセカンドオピニオンをとる。
  専門病院の医師からも同意見と言われる。

 ・セカンドオピニオン30分・・・2万円

 ・診療情報提供書、検査資料提供料・・・6,000円約2,000円

 ・子宮ガンに関する本を数冊購入・・・5,000円


3.大学病院に入院し、当初予定の手術を受ける。入院20日間。

 ・入院費、手術費・・・130万円40万円
  高額療養費制度による払い戻し・・・31万円
  最終的な自己負担額・・・9万円

 ・個室に入ったため、差額ベッド代
  1日3万円×20日=60万円

 ・パジャマ代、クリーニング代、テレビ代・・・3万円

 ・職場に提出する文書代・・・5,000円

 ・入院治療にあたり、実家から母親に来てもらう・・・2万円


4.退院後、通院して3ヶ月に1回定期健診

 ・診療、検査料(計4回)・・・4万円12,000円

 ・職場、知人へのお見舞い返し・・・2万円

 ・リンパ浮腫予防の弾性ストッキング
  1枚15,000円×2枚・・・3万円約1万円

  弾性ストッキングは公的保険適用が2枚までなので、替えを2枚購入・・・3万円

 ・治療の副作用に対する漢方薬を服用(10ヶ月)・・・10万円

 ・通院のための交通費・・・2万円



ここまでの1年間にかかった費用合計・・・約230万円約98万円




一方、収入では・・・・・・・


罹患(りかん)前の収入、つき25万円(年収400万円)

 ・休職を3ヶ月したことにより・・・マイナス75万円

 ・休職による賞与ダウン・・・マイナス25万円

 ・体調不良や通院による欠勤・・・マイナス50万円

                計150万円の収入減


※ここでは、傷病手当金等については考慮していません。


経済的損失合計は約248万円



【A子さんの声】
「手術で治ったと言われていますが、片脚がむくみやすくなりました。寝る時に足を高くしたり、太ももの付け根をマッサージしたりしています。他のガンも恐いので、検診はきちんと受けるようにしています。」



本題からそれてしまいますが、お若くして子宮と卵巣を摘出したA子さんの心情は、察して余りあります。



【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について
  

Posted by 生命保険認定士 at 15:21Comments(0)実例「子宮ガン」