SEO対策のSEO-Alec
集客コンサルタント稲田ブログ 相互リンク

相互リンクacseoLink

お見合い全国仲人連合会

結婚相談所 福岡

婚活 福岡

結婚相談所 北九州の全国仲人連合会福岡地区本部

グリーティングカード

  
Posted by at

2010年08月29日

時代背景

【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について


























社会保障について説明していきますが、これはあくまでも現行の制度であり、将来どう変わるか予測できません。

ですから、これを基準に保険を設計するのは大変危険だといえます。




まずは少しだけ、現在の日本の状況を考えてみましょう。


1.急速に進む少子高齢化
これには2つの要素がありますね。 

一つは医療費のかかる高齢者がこれからも増え続けること

もう一つは、保険料や税金を納める現役世代が減ること

※現在でも、国民医療費のおよそ半分は65歳以上が占めています。
参考:後期高齢者医療制度




2.国民健康保険料の不払い
もう誰もが知っていることですが、この不払いを穴埋めしているのが社会保険です。

ところが、社会保険組合も採算がとれず、あいついで解散しています。

最終的には誰が払うのでしょうか?



3.国の借金
これもご存知だと思いますが、日本国の借金はとどまることを知りません。

国家破綻したギリシャとは違い、借金は国内のものだから大丈夫、なんて言っている評論家がいますが、果たして本当でしょうか?

そもそも、この借金は誰が支払うのでしょうか?




4.株安と円高
乱暴な言い方をすれば、「世界的に見て、日本は魅力がないのに通貨は高い」という世にも奇妙なことが起きています。

輸出大国日本の中小企業への打撃は計り知れません。

技術立国日本の技術が窮地に追い込まれています。





主だったものだけ簡単に挙げましたが、これだけでも社会保障に依存するのは危ういと言えるのではないでしょうか?

まさに自己責任時代到来だと思います。






【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について  
Posted by 生命保険認定士 at 06:54Comments(2)時代背景