SEO対策のSEO-Alec
集客コンサルタント稲田ブログ 相互リンク

相互リンクacseoLink

お見合い全国仲人連合会

結婚相談所 福岡

婚活 福岡

結婚相談所 北九州の全国仲人連合会福岡地区本部

グリーティングカード

  
Posted by at

2010年09月04日

入院給付金のいろいろ

【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について

























【医療保険】

1.現在ある社会保障
2.医療保険不要論
3.医療保険の保険料を決定づけるもの:①10年更新タイプと終身タイプ
4.医療保険の保険料を決定づけるもの:②連続入院日数
5.入院給付金
6.手術給付金
7.その他、特約など





5.入院給付金


「入院給付金」とは入院した日数に応じて支払われるお金のことです。

例えば、日額1万円の医療保険に加入していて、10日入院したとします。
免責がなければ、1万円×10日=10万円、となります。

医療保険には「免責日数」がついているものがあり、これは「支払われない日数」のことです。
比較的古い医療保険にはほとんど「免責」があります。


以下、日額1万円の医療保険に加入していて、30日入院した場合。

1.免責4日
 ※これが最も多いタイプです。
 1万円×(30日ー4日)=26万円

2.免責20日
 ※非常に古いタイプです。
 1万円×(30日ー20日)=10万円

3.免責0日
 ※1日目から支払われるタイプで、最近は主流になっています。
 1万円×(30日ー0日)=30万円

4.免責7日だが、8日以上入院すると初日から支払われる

 ※イレギュラータイプですが、中長期の入院には効果的です。
 1万円×(30日ー0日)=30万円





次に、入院費額をいくらに設定するかですが、このような計算方法が一例としてあります。

高額療養費制度が現在はあるので、健康保険適用の場合、1ヶ月の自己負担額の最高は約9万円

従って、9万円÷30日=3,000円

その他、自己負担の食事代(1日780円)やテレビ代、クリーニング代などで、1日2,000円。

計5,000円という考え方です。



しかし、これには健康保険適用外の治療費、差額ベッド代、入院による収入の減少などは含まれていません。

各家庭の状況に応じてしっかりと考える必要がありますね。



【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について
  

Posted by 生命保険認定士 at 07:20Comments(0)入院給付金のいろいろ