SEO対策のSEO-Alec
集客コンサルタント稲田ブログ 相互リンク

相互リンクacseoLink

お見合い全国仲人連合会

結婚相談所 福岡

婚活 福岡

結婚相談所 北九州の全国仲人連合会福岡地区本部

グリーティングカード

  
Posted by at

2010年07月19日

インフレとは?

【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について





今まで3,000万円あった死亡保障が、ある日突然100万円に下がったらどうしますか?




「そんなバカな!」と思われる方も多いでしょうが、実際にありえます。

これには2つのケースが考えられます。

1.保険の仕組みとして下がるケース。

生命保険の基本形【定期付終身】で説明済み。

2.急激なインフレが到来し、3,000万円が100万円の価値しかなくなるケース。
※インフレ:物価が上がり、お金の価値が下がること。



1のケースは分かってさえいれば問題はありませんが、恐いのは2のケースです。
保険は長期にわたるため、2の危険性には備えておく必要があります。



急激なインフレはハイパーインフレとも言い、最近ではアルゼンチン、ロシア、ジンバブエ、北朝鮮などで実際に起きています。
物価が異常なスピードで急上昇し、お金の価値が下がり、紙くずのようになりました。



日常の買い物に、これだけの札束が必要。(ジンバブエ)




























アルゼンチンでは1年間に物価が50倍にもなり、国民の60%はこじき同然になったと言われています。



物価が50倍になるということは、お金の価値は50分の1になるということです。
3,000万円の保険金は60万円の価値でしかなくなります



こんなことは起きてほしくないですが、日本は大丈夫でしょうか?



残念ながら、そうとは言えません。
ご存知のように、国の借金はとどまるところを知らず増え続けています。



そして、警鐘を鳴らし続ける識者は多くいます。



「国家破産」浅井 隆





















「日本破綻」「株・債券・円」のトリプル安が襲う 藤巻 健史






















「日本の経済の真実」ある日、この国は破産します 辛坊 治郎























「誰も書けなかった年金の真実」辛坊 治郎



















辛坊 治郎氏の「日本の経済の真実」は売れ行き習慣ランキングで一時期「1Q84」を上回ったらしいですね(笑)。
まずは多くの人が関心を持つことは良いことだと思います。
ギリシャ危機も影響があるのかも知れませんね。





ただし、これらは一方向からの意見で、当然反対意見の識者もいます。
例えば「日本国の国債はほとんど日本人が持っているから破綻はない」など。


余談ですが、これは一見説得力がありそうで、「どうかな?」と思います。
だって、「いざとなったら、国は国民の資産をいただきます」と聞こえるので・・・(笑)


私は心から「この国と国民がずっと平穏でいてほしい」と思っています。
でも、起きる可能性のある「嬉しくないこと」への対処も必要だと思うのです。


次回も引き続き、このテーマで行きます。




【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について

  

Posted by 生命保険認定士 at 14:10Comments(0)インフレとは?