SEO対策のSEO-Alec
集客コンサルタント稲田ブログ 相互リンク

相互リンクacseoLink

お見合い全国仲人連合会

結婚相談所 福岡

婚活 福岡

結婚相談所 北九州の全国仲人連合会福岡地区本部

グリーティングカード

  
Posted by at

2010年07月21日

保険による対応「まとめ」

【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について


インフレと円安①

インフレと円安②
インフレと円安③




警鐘:最も恐いのは「インフレ」と「円安」です!







今まで読まれた方は、私が何を言おうとしているかお分かりだと思います。
「外貨なんてリスクが高い!」と怖がるより、「円だけで資産を持っている方が断然リスクが高い!」と言いたいのです。


前出の浅井隆氏は「資産の80%を外貨にかえろ!」と言っています。
80%について私はなんとも言えませんが、「少なくとも米ドルとユーロは持っておけ!」と受け取っていいと思います。


資産を円・米ドル・ユーロに配分して持っていれば、これらの通貨を使っている国の経済状況がどうなろうと資産の安定化が計れるわけです。


これをリスクの分散と言います。


念のため言いますが、これは儲け話ではありません。
保険と言う概念に基づいた、保守的なお話です。


しかし、余裕資金がたっぷりある人は米ドル建てやユーロ建ての金融商品に投資するのもいいでしょうが、多くの人はそうはいきません。
(余談ですが、現在米ドル口座は地方銀行でもその日のうちに開設出来るようになりました。)


やはり、いつ必要になるか分からない資金は普通の円口座に持っておきたいものです。
そんな方が手軽にできる通貨の分散方法として、外貨建ての保険があります。


現在国内に米ドルやユーロ建ての終身保険を持つ保険会社は複数社あります。



もちろん為替リスクはありますが、メリットを挙げてみます。


1.予定利率が高い⇒保険料が安い

2.「死亡保障」と「解約返戻金」が「インフレと円安」に対応

3.解約返戻金の増加率が円建てと比べ高い






外貨建て保険について詳しくは、こちら↓


貯蓄と保険①
貯蓄と保険②
貯蓄と保険③
貯蓄と保険④
貯蓄と保険⑤





【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について  

Posted by 生命保険認定士 at 18:04Comments(3)保険による対応「まとめ」