SEO対策のSEO-Alec
集客コンサルタント稲田ブログ 相互リンク

相互リンクacseoLink

お見合い全国仲人連合会

結婚相談所 福岡

婚活 福岡

結婚相談所 北九州の全国仲人連合会福岡地区本部

グリーティングカード

  
Posted by at

2010年07月25日

生命保険会社と加入する人の関係

【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について




























今回はみなさんにとって、やや耳障りなことをお知らせします。


生命保険分野では、保険会社が加入者を選択しているのです。



私も以前は別の業種にいた人間ですから、みなさんの気持ちはよく分かります。
30代の頃、いわゆるセールスレディに保険を勧められた時、「そんなに言うのなら入ってあげよう」と思ったのをよく覚えています。


つまり、こちらが上の立場にあるような気がしていました。
確かに担当者に対してはそうかも知れませんが、保険会社との関係は違います。


事実は「保険会社が加入者を選択している」というのが正しいのです。
保険業界には「第一次選択」という言葉があり、今回のテーマに対し象徴的です。


第一次選択」とは、まずは担当者が加入しようとする人に対しするもので、その人の「顔色(健康上)」などを観察したり、「職業」などを知り、選別する責務があるのです。
例えば、「顔色が異常に悪い」「小指がない」「明らかにアトピー性皮膚炎である」などは会社に報告しなければなりません。


「第一次選択」を通過した後は、健康上の「告知」または「医師の診査」という厳しい関門が待ち構えています。


生命保険会社の「告知書」はたった一枚の紙にもかかわらず、驚くほどよく出来ています
現代の病気に関することはほぼ網羅されています


ここで保険会社の引き受け基準に該当しなければ、決して加入することはできません。
保険会社によっては「他社で引き受け不可の経験がありますか?」と問うこともあります。


このように保険加入の実態はみなさんの感覚と大きくずれています。


だからこそ、「健康なうちに真剣に考える」ことを強くお勧めするのです。




次回は「告知書の重要性」についてご説明します。





【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
無料証券分析について

  
Posted by 生命保険認定士 at 08:33Comments(6)生命保険会社と加入する人の関係