SEO対策のSEO-Alec
集客コンサルタント稲田ブログ 相互リンク

相互リンクacseoLink

お見合い全国仲人連合会

結婚相談所 福岡

婚活 福岡

結婚相談所 北九州の全国仲人連合会福岡地区本部

グリーティングカード

  
Posted by at

2010年09月15日

【三大疾病保障】or【特定疾病保障】

【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
証券分析について




































<用語が分からない時>

【生命保険用語集】



「三大疾病保障」も「特定疾病保障」も同じ内容で、セット商品の特約には必ずと言っていいほど付加されています。

しかし、これは主契約つまり単品で加入することもでき、主に外資系では単品加入することができます。

現代の日本人の死亡原因を見ると大変重要な保障と言えます。

全死亡原因のうち、この三大疾病(ガン、急性心筋梗塞、脳卒中)が約60%を占めています
ガン:約30%、急性心筋梗塞:約15%、脳卒中:約15%

他には自殺や事故などさまざまありますが、それらを排除し病気原因に絞り込むと、ほぼこの3つが原因で死亡すると言っても過言ではありません。

ただし、医療技術が進歩し、急に死亡することは少ないので、死亡前に支払うこの保障が重要性を持つのです。


【保障内容】

■三大疾病(ガン、急性心筋梗塞、脳卒中)にかかったら、設定した金額(300万円~500万円が多い)を支払うというもの。

■支払い条件
ガン:医師の診断確定
急性心筋梗塞、脳卒中:診療開始後に60日以上所定の状態が続いたとき

■ガンは悪性新生物のみを対象とし、上皮内新生物は対象外です。

■ガンに対する保障のみ、契約後91日目から責任が開始されます。

■どれか一つが支払われた時点で、保険は消滅します。

■他の原因で死亡した場合も、保障と同額が死亡保険金として支払われます



【定期か終身か?】

この保障が特約で付加されている場合は、ほとんど10年更新型の定期タイプです。

定期タイプは保険料が安いのがメリットですが、掛け捨てで将来保険料が上がります

これはすべての保険種類に当てはまることですが、この三大疾病保障だけは要注意です

なぜなら、三大疾病にかかる確率は50歳あたりから急激に上がり始めます。

当然保険料もそれに伴って上がるため、ほとんどの家庭では60歳以降の支払いが困難になると予測できるからです。

ここで言えるのが、保障の重点を何歳くらいの置くかを決めておくことです。

若いときだけで良いと考えるなら、定期タイプ。

いやいや、かかる確率が高くなってきたときこそ必要と考えるなら、終身タイプです。

※終身タイプは解約返戻金があり、緊急資金が必要な時は貸付または解約をすれば、お金を受け取ることが出来ます。



【この保障が特に必要な職種】

この三大疾病にかかると、どういうことが起きるか考えてみましょう。

ガン、急性心筋梗塞、脳卒中です。

どうですか?



そうです! 再発と後遺症の心配です!

急性心筋梗塞、脳卒中では重度の後遺症を負うことがあります。

その後遺症は、特に「言葉」と「指先」を使う職業の人たちには致命的です。

この2つが奪われたら、全く仕事が出来ない人は加入しておいた方が良いです。



分かりやすい例が、医師です。

外科医などはこの2つが奪われたら廃業です。

個人クリニックの場合、すぐに代役がいないことも致命的です。

そのため、この保険は医師にニーズが高く、保障が1億円レベルの終身タイプに加入するのも稀ではありません。

もし幸いにも現役時代にかからなかったら、多額の解約返戻金が発生しているため、退職金として受け取ることもでき、一挙両得です。



医師を例に挙げたのは、分かりやすいからで、ほとんどの方が該当しますね。



【問い合わせ先】株式会社 保険プラザ
証券分析について
  

Posted by 生命保険認定士 at 07:30Comments(0)三大疾病保障