SEO対策のSEO-Alec
集客コンサルタント稲田ブログ 相互リンク

相互リンクacseoLink

お見合い全国仲人連合会

結婚相談所 福岡

婚活 福岡

結婚相談所 北九州の全国仲人連合会福岡地区本部

グリーティングカード

  
Posted by at

2010年01月01日

【無料相談】

            

                    


  1.下にある【お問い合わせ】に必要事項を記入の上、送信してください。
      ※この段階では面談するかどうかは決まっていません


                         

  2.当社から、ご指定の方法(メールか電話)でご連絡いたします

                         

  3.お客様のご要望があれば、面談日時を決定。



       

                       【お問い合わせ】  
Posted by 生命保険認定士 at 00:00Comments(0)

2010年01月01日

生命保険・もっと安くするには!





まずは実例、2010年8月に問い合わせがあった家庭です。

36歳男性(建設業)、奥様(専業主婦)と3人のお子様(10歳、8歳、3歳)
がおられ、最近中古住宅を購入。
奥様から問い合わせがあり、「住宅購入と同時に団体信用生命保険に加入したので、死亡保障は下げても構わないから月々の支払いを下げてほしい。」とのご要望でした。

それまで加入していた保険は約10年前の契約で、年齢がずいぶん上がっているので内心難しいだろうと奥様は思っておられたようです。

しかし、27,700円⇒9,208円へと劇的に下げることができました。
下の表は、実際にお客様への説明に使用したものです。




詳しくは設計書を使っているのですが、概略を説明します。

□死亡保障を500万円下げる。

□ガン保険を付加する。

□医療保険を「先進医療特約」付きの最新のものに変える。

□表にはないが、奥様が医療保険に入っていなかったので、新しい契約の医療保険では「夫婦型」で奥様も加入。
 ※この会社の「夫婦型」はご主人が亡くなれば、以後保険料の支払いは不要で「奥様の保障」は一生涯続きます。



青字は悪くなった点赤字は良くなった点です。

ご夫婦同席で話を聞かれ、想定外の報告に初めは驚いておられましたが、次第に笑顔が溢れ、迷うことなくご契約となりました。(2010年8月)


もちろん、すべてのご家庭でここまで下げられる訳ではありませんが、仮に毎月3,000円安くなったとしても年間36,000円、10年で36万円です。

保険を継続される方は、10年どころか30年~40年のお付き合いになります。

あなたの保険が、どのくらい安くなるか、確かめられることをオススメします。



流れはこうなります。

1.現在加入中の保険の「証券分析

2.「証券分析」の結果報告

3.他社商品のご紹介

4.納得されれば、新規ご契約





              

  

Posted by 生命保険認定士 at 00:00Comments(0)

2010年01月01日

4.「医療」などを単品で契約できる窓口に行こう!






「死亡」「医療(入院)」「ガン」などの保障は、すべて別々に加入するのが有利だということは説明しました。


では、それらを単品で、なおかつ何社かの商品を比較してくれる場所に行く必要があります。


それを一言でいうと、「保険代理店」です。




念のために説明しますと、保険販売の営業には2種類あります。


1つ目が、最も数の多い1社専属の営業です。


もう一つが、保険代理店という形態で、これは保険会社を自らの意志で取捨選択でき、理論上は何社でも取り扱うことが出来ます


ここまでは、よろしいですね?




ただし、保険代理店にもさまざまあるので注意してください。


まずは、1社しか取り扱っていない代理店が多いこと。


そして、数社提携していても、単品商品を多く持つ保険会社を取り扱っていないケース。


どちらも結構多いので、注意してください。




次にあげるのが、単品商品を多く持つ保険会社の目安です。

①社名にカタカナまたはアルファベットが含まれている。

②生命保険も販売している損害保険会社。

③損害保険系列の保険会社。


などです。






              




  

Posted by 生命保険認定士 at 00:00Comments(0)

2010年01月01日

保険比較ってどうすればいいの?

⇒保険比較ってどうすればいいの?



これは、保険を探している方の最大のテーマで、悩むところでもありますね。


そんな方へ、少しでもお役に立てばと思います。





1.ネット販売と通信販売

これらは、すごく安いイメージがありますね。

では、本当にそうなんでしょうか?

結論を言いますと、生命保険分野ではそうとも限りません。


なんともスッキリしない言い方ですが、「安い場合もあるが、逆の場合もある」という意味です。

少なくとも、みなさんが期待しているほどの差はないと言っていいと思います。

⇒詳しくはこちら




2.安さって何?

もちろん毎回の支払い金額が小さいことがすぐ頭に浮かびますが、もう一つの考え方があります。

収支での考え方です。
※総額で、いくら支払っていくら戻ってくるか、その差額のこと。


仮に毎月が1万円の保険料で、これが完全な掛け捨てだとすると、30年間で360万円です。
ですから、保険を使うことがなければ、マイナス360万円ですね。


これに対し、毎月が2万円でも貯蓄性があり、30年後に600万円が戻ってくるとすればどうでしょう?
2万円×30年ー600万円=120万円
ですから、マイナス120万円なので、こちらの方が収支では安いことになります。


⇒詳しくはこちら




3.ムダを省く

これは、あらゆる分野での基本中の基本ですが、実はけっこう難しいんです。

なぜかというと、ムダの種類が多いことと、保障をどこまで下げるかは「公的保障」の行く末に左右されるからです。

典型的な例が、「高額療養費制度」です。

現行のままいつまで続くのか、誰も断言できません。

⇒詳しくはこちら




4.払い方の魔術

これは、男性より女性の方がピンとくると思います。

ボーナスや貯蓄のある方は、年1回~2回、ある程度まとめて支払って、毎月の支払いを抑えるやり方です。



男性は、「結果はほとんど同じじゃないか!」と言われるのに対し、女性は「あ~助かる~!」と言われますね。


⇒詳しくはこちら




5.コンピューターに任せる

現在、ほぼ同一の保険内容で各社の保険料を比較できるコンピューターソフトが開発されています。

その背景には、「プロでさえ、保険料比較は手間のかかる作業」で、さらに「プロの力量にもよる」という理由があります。



性別や年齢などの必要事項を入力すれば、さまざまな保険会社の商品が一目で比較できるソフトです。

もちろん、一般の方は使う事はできず、主に保険代理店が採用しています。



みなさんに最も身近なのが「保険クリニック」という名の来店型店舗です。

全国の主要都市にはあると思いますので、ネット検索で「保険クリニック○○」と地域名を入れてみてください。



⇒詳しくはこちら






結論としては、

お近くの保険代理店に相談することです!

問い合わせる保険代理店の目安はこちら


どんなに頭脳明晰で研究熱心でも、個人の範囲では比較できる材料そのものが限られています。

自分一人で調べるよりは、「保険代理店めぐり」をする方が、よほど能率的です。







最後に、みなさんが一番心配なこと・・・「相談した入らなきゃいけない」とか「なんだか、時間ばかり使わせて悪い」と思う方が多いですね。




確かに、代理店としては入ってもらったら嬉しいに決まってますが、



1.来店型代理店は、お客様で賑わっていること自体に価値がある。

2.地域の評判が大切なので、しつこい営業などなしない。



という特徴があります。(もちろん僅かな例外はあると思います)





だから、気楽に訪問されて良いと思いますよ。








              

  

Posted by 生命保険認定士 at 00:00Comments(0)

2010年01月01日

5.なるべく制限の少ない商品を!





生命保険分野で、各商品が持つ「制限」は無数にあり、これらは契約者に不利なものがほとんどです。



いくつもの保障が組み合わさったセット商品となると、制限が複合化し大変ややこしくなります。



ですから、制限があるにしても比較的分かりやすい単品での加入方法をお勧めします。







糖尿病で30日入院して退院。退院後20日間自宅療養しましたが、また悪化し再入院が40日間。でも、2度目の入院は10日分しか支払われませんでしたが、なぜでしょうか?


それは、「連続入院60日型」の「医療保険」に加入しているからだと思われます。その場合、入院初日から60日間に同一の病気で再入院した場合、一入院とみなされます

連続入院60日型の制限はこちら











65歳で支払いが終わるはずの生命保険に入っています。
でも、最近知ったことなのですが、60歳からも入院保障を続けたければ80歳までの保険料を一括で支払わなければならないそうです。
そんなことがあるんでしょうか?





はい、比較的昔のタイプの生命保険にはそのような制限があります。
しかし、要求すれば一括ではなく、年払いにできる会社があります。
まずは加入中の保険会社に問い合わせてください。


⇒参考









主人が40代後半から脱サラし、自営を始めました。幸い経営は順調に行っているのですが、設備投資などで借金が増え、反面不安も多い毎日です。
先日分かったことなのですが、主人の入っている保険は60歳で大きな死亡保障3,000万円はほとんどなくなってしまい、それ以降の保障は100万のみだそうです
主人は現在57歳、借金を考えると70歳まではがんばってもらわないと困るんですが、3,000万円を続ける方法はないのでしょうか?



残念ですが、ありません。
契約時から、その制限が組み込まれた保険で、非常に多いタイプです
方法があるとしたら、新規加入しかありません。


⇒参考








                

Posted by 生命保険認定士 at 00:00Comments(0)

2010年01月01日

プライバシーポリシー

株式会社保険プラザ(以下「当社」という)は、皆様にご信頼いただき、選んでいただける保険代理店となるため、皆様の大事な個人情報の保護を重要な社会的責務であると認識しております。
具体的には、以下の基本方針にもとづき、皆様の個人情報の保護に取り組んでまいります。

1.個人情報の利用目的
当社は、個人情報を次の目的のために利用します。これらの目的のほかに利用することはありません。

1. 各種保険契約のお引受け、ご継続・維持管理、保険金・給付金などのお支払い
2. 関連会社・提携会社を含む各種商品やサービスのご案内・提供、ご契約の維持管理(ご契約後)
3. 当社業務に関する情報提供・運営管理、商品・サービスの充実(ご契約後)
4. その他保険に関連・付随する業務(ご契約後)

2.収集する個人情報の種類
当社は、ご本人の住所、氏名、生年月日、性別、職業、電話番号、健康状態など、保険契約の締結、維持管理、商品のご案内ならびに諸サービスの提供に必要な個人情報を収集しています。

3.個人情報の管理方法
当社は、ご本人の個人情報を正確、最新なものにするよう常に適切な処置を講じています。また、法令などにより要請される、組織的、技術的、人的な各安全管理措置を実施し、ご本人の個人情報への不当なアクセス、個人情報の紛失・破壊・改ざん・漏えいなどを防止するため、万全を尽くしています。なお、当社の委託を受けて個人情報を取り扱う会社にも、同様に厳重な管理を行わせています。万一、個人情報に関する事故が発生した場合には、迅速かつ適切に対応いたします。


  

Posted by 生命保険認定士 at 00:00Comments(0)

2010年01月01日

証券分析について

まずは、あなたが現在加入中の証券コピーをご準備ください。

以下のことを無料で行います。



【送付方法】(以下のどれでも構いません)
1.当社に持参
2.当社に郵送
3.写真で撮ってメール
4.当社にFAX


※分析後、こちらから営業することはありません。
※名前はマジックなどで消していただいても結構ですが、生年月日や性別は残してください。



【証券分析とは?】
1.あなたが加入している保険内容を分かりやすくグラフ化し、重要項目(例えば収支)などを数値化します。

2.あなたが加入している保険があなたに相応しいかどうか判断します。
家族構成などにより、状況は千差万別です。

3.あなたが加入している保険の有利さが、過去から現在までの間でどのくらいの位置にあるか説明します。

4.あなたが加入している保険で、最も気をつけなければならない点をお知らせします。

5.対処方法はご要望があれば、お知らせします。





【分析結果報告】
1.直接面談(当社またはご自宅など)
2.郵送と電話などで。
3.メールにて。



              



  

Posted by 生命保険認定士 at 00:00Comments(0)【証券分析について】

2010年01月01日

1.掛け捨てなら安さ追及!






「医療(入院)」「ガン」「死亡」などほとんどすべての保険には、「掛け捨てタイプ」と「お金が貯まるタイプ」があります。

※「貯まるお金」のことを「解約返戻金(へんれいきん)」とか「解約払戻金(はらいもどしきん)」などと呼び、各保険会社によって違います。



一見「掛け捨てタイプ」は聞こえが悪いですが、毎月の掛け金を安くしようとするなら、断然「掛け捨てです。

「お金が貯まるタイプ」はその分、掛け金(保険料)が高いからです。



特に、「医療(入院)」や「ガン」の終身タイプに加入するなら、「掛け捨て」が良いです。

なぜなら、お金が貯まるタイプに入ると、いつかはお金を受け取りたくなりますね。

でも全額受け取ってしまうと、それは解約することになり保障がなくなってしまいます

せっかく終身タイプに入っても、これでは意味がないですね。








今の保険は3年前に入ったものなんですが、新しく入り直すと年齢が上がっているので高くなるんですよね?



そうとは限りません。
最近「医療」「ガン」関係の保険は競争が激しく、安いくて内容の良い保険がどんどん出ています。
少なくとも3社は見積もりしてみてください。







いろんな会社のパンフレットを集めたりネットを使って、「医療保険1日1万円」で比較しているんですが、なかなかうまく行なかくて困っています。
どうすればいいでしょうか?



 

同じ設定に出来ないのが原因です。
理由は主に2つあります。
1.本来外すことのできる特約を、パンフレットやネットでは外せないことが多い。
2.保険料に一番大きく影響する「連続入院日数」を、きちんと統一して比較できない。

では、どうすれば良いかと言いますと、あなたが気になる保険会社を取り扱っている「保険代理店」を訪問することです。
保険代理店のパソコンには、各保険会社の「設計ソフト」が入っているので細かく設定でき、ほぼ同じ内容で比較することが出来ます。





<その他のチェックポイント>

収入保障

非喫煙者と優良体の割引き





              



  

Posted by 生命保険認定士 at 00:00Comments(0)

2010年01月01日

3.「死亡」「医療」「ガン」などの契約は別々に!





一般的に「生命保険」というと、「死亡保障」だけでなく「医療(入院)」や「三大疾病」などが一まとまりになっているものをイメージしませんか?


それは当然で、日本で昔から販売されてきた商品は、ほとんどそのタイプだからです。


しかし、最近は外資系や損保系が多くの商品を単品で発売しており、それぞれ別々に加入することが出来ます。


単品で加入した時のメリットを挙げます。


1.例えば、「医療」部分だけを新しく入りなおしたり、内容変更をしやすい。

保険分野も時代に合わせ進歩しています。
別契約なら、部分的な変更がやりやすいのです。



2.将来どうしても緊急資金が必要になった場合、他の保障は解約せずそのまま残せる。

緊急資金が必要になって保険をすべて解約したという話をよく聞きます。
お金をかき集めるためです。

でも、そういう危機的な時ほど、もしものことが心配です。
すべて単品契約しておくと、最低限の保障を残しておくことが出来ます。











現在加入中の死亡保障を500万円まで減額したいと申し出たら、特約の入院保障1万円も同時に5,000円に減額しなければならないと言われました。
そんなことがあるのでしょうか?







はい、おっしゃるように「入院日額は死亡保障の1000分の1以上」という商品は非常に多いです。
入院1万円を確保したいなら、死亡保障は1000万円以下には出来ませんと言い換えることも出来ます。


このように、いろいろな保障を一まとめに加入すると、さまざまな制限があるのです。
数が多いので契約時にすべて説明されたとしても、覚えておくのは難しいと思います。


だからこそ、単品で分かりやすく加入するのがいいですね。









解約しようと思っていたのですが、保障がなくなるのがこわくて限度額いっぱいの「貸し付け」を受けました。
毎月の保険料は払っているのですが、返済のメドがたっていません。返済しなければどうなるんでしょうか?






「貸し付け」を受けた金額には、契約時に定められた利息が発生します。ですから借りた総額は少しずつ増えているのですが、毎月支払っている保険料から、また少しずつお金(解約金)が貯まっています。
これについては状況により複雑な計算が必要なのでなんとも言えませんが、借りたお金が急激に少なくなることはないです。

では、返済しないままだと、どうように相殺されるかと言いますと、死亡した時と解約した時です。
例えば死亡保険金が100万円で、亡くなった時点の貸し付けが50万円なら、100万円ー50万円=50万円が死亡保険金として支払われます。


解約した場合は、60万円の解約返戻金のうち50万円を借りていたとすると、差額の10万円を受け取って契約そのものが消滅します。





                

Posted by 生命保険認定士 at 00:00Comments(0)

2010年01月01日

【お問い合わせ】

※当ブログでは、特定の保険会社の商品名を一切明記しておりません。
記載する度に、その保険会社の承認を得る必要があり、ブログという情報が積み重ねられる形態には合わないと判断したためです。
何卒、ご了承ください。


【無料保険相談はこちら】


生命保険担当:原田(ブログ筆者)
       090-2503-0893
       harada@hoken-plaza.com
       qqzm9hk9k@tune.ocn.ne.jp
       

  
Posted by 生命保険認定士 at 00:00Comments(0)【お問い合わせ】

2010年01月01日

2.貯蓄なら利率追及!






貯蓄を目的とした保険商品の代表例は「学資保険」「年金タイプ」や昔の「簡保」、それに「終身保険」もありますね。


まず大切なのが、これらの貯蓄タイプに「医療(入院)」などの保障を特約でつけるのはやめましょう


なぜなら、満期時(お金を受け取る時)に特約も同時になくなってしまうからです。


その上、特約がついていることで、収支(いくら払っていくら受け取れるか)が分かりにくくなります




残念なことに、現在利率は過去最低ですが、こんな時だからこそ賢く選びましょう。

では、貯蓄タイプで注意することです。


1.各社微妙に違う利率(予定利率)を確かめよう!

 ※予定利率:これが高いほど、将来受け取れる金額も大きくなる。


2.将来、利率が変動するものを選ぼう!

 ※利率変動型:現在多くの保険会社が扱っており、最低を保証しながら将来金利が上がれば、利率も連動してあげていくというもの。


3.外貨建ても視野に入れよう!

 ※円に対し、外貨で運用する保険は利率が高いのが特長です。主なところでは、米ドル、ユーロ、オーストラリアドルなどの商品があります。







最近の学資保険は元本割れをするものが多いと聞いたんですが、そんなに入る必要性がありますか?





数少ないですが、元本を上回る商品もあり、返戻率(へんれいりつ)は最高で110%くらいです。

必要性ですが、多くのお父さんお母さんの意見をまとめますと、
・学資保険にこだわるのではなく、子どもの教育資金は毎月別枠にしたい。
・簡単には引き出せない方法が良い。
・普通預金では貯める自信がない。
などです。
ですから、きちんと貯められるなら別の方法でもよいと思います。

他に一般的に知られていない方法で、学資保険を使わないで、学資保険以上の効果を出せる方法もありますよ。








知り合いに外貨預金をやっている人が結構いるので、私も外貨建て保険には興味はあるんですが、今一歩踏み出せません。
漠然とですが、恐いという気持ちがあります。






はい、そのように感じる方が大半ではないかと思います。
おっしゃる通り、外貨預金をしている人は10年前と比べると飛躍的に増えましたね。

外貨建ての保険も、基本的な仕組みは外貨預金と大きくは変わりません。
しかし、このようなリスク商品は、その取り扱いに慣れている営業の方と顔を合わせて説明を受けるのが良いと思います。
リスクだけをしっかりと把握しさえすれば、残るはメリットだけです。そのメリットは円建て商品をはるかに上回りますからね。




<参考>





              


  

Posted by 生命保険認定士 at 00:00Comments(0)