SEO対策のSEO-Alec
集客コンサルタント稲田ブログ 相互リンク

相互リンクacseoLink

お見合い全国仲人連合会

結婚相談所 福岡

婚活 福岡

結婚相談所 北九州の全国仲人連合会福岡地区本部

グリーティングカード

  
Posted by at

2011年03月31日

損害保険と生命保険の違い

2011年3月31日
一般の方にとっては「損害保険」と「生命保険」は同じようなものに感じるかも知れませんが、実際は大きな違いがあります。


主な違いを表にしてみました。
「低い」「高い」などは、2つを比較した相対的表現です。



















【解説】



1.グレーゾーン
ここで言う「グレーゾーン」とは、いざという時に支払われるかどうかの境界線のことです。
「生命保険」は医師などの証明書があれば「死亡」「対象となる入院」「対象となる手術」には必ず支払われます。

一方「損害保険」は事故が起きてみないと分かりません。
自動車事故、火災、自然災害、どれも起きてからでないと「支払われるかどうか」「いくら支払われるか」は分かりません。

阪神大震災での一例を挙げます。
阪神大震災で、最初の揺れから半日たった夕方に発生した火災をもとに火災保険を受け取ろうとした被災者が、地震保険が未加入であることを理由に断られ、保険会社を相手取って訴訟を起こした。被災者の敗訴に終わったが、火災保険と地震保険のどちらが適用になるかの判断が困難である事例を示すことになった。

残念な結果ですが、その火災が何が起因して発生したかを証明するのはとても難しいですね。


このように、「損害保険」は「支払われるかどうか」が明確でないため、加入する際は「加入する目的」をはっきりさせ、しっかりと説明を受けることが大切です



2.3.保険金を受け取る確率と保険料
先に確認しておきたいのが、「死亡と入院」に関して言いますと、損害保険は「ケガ」のみが支払い対象で、生命保険は「ケガ」「病気」のどちらも支払い対象になります。

テレビなので報道される痛ましい自動車事故などが強烈に印象に残り、事故により亡くなる方がずいぶん多いと感じていませんか?



では、日本人の死亡原因の中で、「事故」の占める割合は全体の何%くらいだと思いますか?



厚生労働省の資料によりますと、主な死因別死亡数の割合(平成18年)では不慮の事故は全体の3.5%となっています。
少し古いですが、現在でも大差はないと思います。



驚くほど少ないと思いませんか?



ちなみに、大部分の原因が病気で、中でもガンが圧倒的ですね。


さて、このことからもお分かりのように、保険料は支払う確率に正比例します。

従って、損害保険の保険料は安いわけです。



4.担当者との面接
生命保険では、契約時の面接は原則必須です。
原則と書いたのは、一部の保険種類や保険会社が認める代理店のみに通信販売を認めていることがあるという意味です。

一方、損害保険でも面接を推奨してはいますが、業法的に無面接でも契約が可能です。



5.6.性別や年齢による違い
一部例外はありますが、表の通りです。
生命保険では、「性別」や「年齢」により、「死亡」や「入院」の確率が異なるので、当然違いがあります。



7.健康上の告知
現在は損害保険会社も「医療保険」や「ガン保険」を販売できるようになりましたので、それらの商品の契約には「健康上の告知」が必ず必要になります。

しかし、損害保険特有の「ケガ」や「災害」が対象である場合は「健康上の告知」は必要ありません。
ただし、「職業の告知」は必要です。

このことから、損害保険はニーズのある人はほとんど加入することが出来ますが、生命保険はニーズがあっても加入できない人が多くいます。
さらに一歩踏み込むと、生命保険はニーズのある人(病気がある)ほど加入できない可能性が高いといえます。



今回は、おおまかな違いに絞りましたが、機会があればもっと詳しく書いてみようと思います。



【追伸】
メールマガジンの読者を募集しています。
書きたくても、表立っては書けないことをお伝えしようと思っています。
ドキドキ登録、大歓迎ですラブラブ!
$【保険相談室】  

Posted by 生命保険認定士 at 11:54Comments(0)

2011年03月29日

被災者生活再建支援法について

東北関東大震災で住居を失った方々に対し、僅かながら公的支援があります。

「被災者生活再建支援法」という名で、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに制定され、自然災害の被災者への支援に道を開いた法律です。

これ以前は何もなかったのですから、法律制定に努力した「コープこうべ」には頭が下がります。

制定までのあらすじはこうです。
『1996年9月、神戸市にあるコープこうべが、積極的な被災者支援策を政府に対して要求、全国の生協とともに「地震災害等に対する国民的保障制度を求める署名推進運動」を開始。

目標の2,500万人は達成できなかったが、コープこうべだけでも356万7,731人、全国では約2,400万人の署名を集めた。これは1997年2月に首相に提出され、政府による自然災害の被災者への支援や保障を検討する審議会の設置を要請。翌1998年5月に議員立法により成立した。』


例えば、住居が全壊し、新しい住居を購入または建設する場合、300万円が支給されます。
詳細は「内閣府 防災情報のページ 」 「被災者生活再建支援法の概要」をご覧ください。

僅かな金額ではありますが、新生活を始めるきっかけにはなりますね。

ただし、都道府県の窓口に自分で申請しなければならないことから、残された方がお年寄りや子供の場合、誰かが援助する必要があり、問題は山積しています。

先に震災経験をしている多くの阪神の方々が、支援のため被災地にのりこんでいるのはとても心強いです。


  続きを読む

Posted by 生命保険認定士 at 10:44Comments(0)

2011年03月25日

メルマガ発行します。

考えるところがあり、最近記事を書かないでいました。

書くことが枯渇したわけではないんですが、生命保険募集人資格を持つ人間にとってネット上で表現できることには大きな制約があるのです。

たとえ皆さんにのみメリットのある情報でも「書けないこと」があるんです。
例えば、保険会社の安定性の目安になる「格付け表」をアップすることは厳密にいうと出来ません。
特定の保険会社の誹謗中傷につながる可能性があるからです。

ある商品の欠点を指摘するなど、とんでもないことです(笑)。


このようなヘンチクリンな法律の中では、なんとも奥歯に物が挟まったような表現になってしまうんですね。


そこで、きちんとした情報を知りたい方に絞込み、価値ある情報をお伝えするにはメールマガジンという方法があると気づき、早速「まぐまぐ」から承諾をいただきました。

最初は真摯な読者だけに絞るため、有料メルマガ(300円程度にすることも考えたのですが、「それでは読む人がいないだろ?」と思い(笑)、無料メルマガで発行することにしました。

ですから、内容としては当初考えていた「洗いざらいの情報提供」ではなく「やや寸止め(笑)表現」になることはご容赦ください。
とはいえ、ブログ記事に比べるとかなり踏み込んだ内容になりますので、一般的な保険記事とは一線を画すのは間違いありません。


さて、メルマガの内容をまとめますと、

1.ネットで書けない保険情報
2.私のブログ内の記事を更に踏み込んで解説
3.「Q&A」形式での質疑応答

 ※公表するかどうかは質問者の判断を仰ぎます。

ある程度の読者が集まり次第(集まるかな?笑)、発行しようと思っていますので、ぜひ登録されてくださいね。
いえ、実はサイドバーに登録バナーを設置した直後に何人か登録した方がおられ、驚いています(笑)。

1~2週間に1回程度の配信になると思いますので、気楽にお付き合いください。


《パソコンからはコチラ》

メルマガ購読・解除


 




《携帯からはコチラ》空メールを送ってくださいね!
規約に同意して登録
解除
  

Posted by 生命保険認定士 at 12:40Comments(0)

2011年03月25日

東北関東大震災から地震保険のニーズが高まる

被災地の状況が明らかにされるにつれ表現できる言葉を失い、「なぜ東北なのか?」「なぜこれほどまで大きな地震が起きるのか?」という解決するはずのない疑問が頭をもたげます。


人は怒りの矛先がある時は心情的にまだ救われる部分はあるのですが、天災などのように諦めるしかない対象には、ただただ脱力するばかりです。
とはいえ、今回の震災で日本人の結束力だけでなく全人類の結束が垣間見れるのは心救われます。


この悲惨な震災を目の当たりにし、いつどこで地震が起きるか分からないことを痛感したために地震保険のニーズが高まってきています。


あらためて地震保険に関する注意事項をまとめてみます。


まず、火災保険は地震・噴火・津波によって生じた火災による損害を免責事由としています
免責とは支払われないという意味です。
そのため、1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災以降加入の動きが広まっています。



【地震保険の留意点】
1.地震保険は火災保険に付加する形での加入となります。

2.被災者の生活の安定を目的とする保険であるため、保険の対象は住宅及び生活用動産に限られます。従って、営業目的の店舗や会社は加入することは出来ません。

3.補償額は建物5,000万円、家財1,000万円が上限となっています。

4.保険料は、所在地(都道府県)と建物の構造により異なります
地震の危険度により都道府県別に1等地~4等地までの4つに区分されており(4等地は、東京都・神奈川県・静岡県)、建物の構造は、木造か非木造かの2つに区分されています。

5.保険事故は地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流出による全損・半損・一部損の3種類です。

6.建物の時価額の30~50%を限度として補償する保険であるため、地震保険だけでは住宅を再建するための費用に対して保険金が不足することもありえます。


これらに注意しながら検討されてください。


保険とは、対処する方法がないほどの重大な経済リスクに備えるのが最優先だと私は考えています。

骨折で1週間入院したとしても、たいした経済リスクは起きません。
たとえ長期入院をしたとしても、健康保険適用内ならば高額療養費制度があります。
厚生年金加入のご主人が亡くなったとしても、公的遺族年金という制度があります。

このような手厚い救済措置がないのが、「火災」「地震」「火山の噴火」「洪水」などによる被害です。
※被災者生活再建支援制度がありますが、今のところ十分な救済措置とは言えません。

皆さんの個々の状況に照らし合わせながら、今一度考えてみるのが良いと思います。
  続きを読む

Posted by 生命保険認定士 at 11:38Comments(0)

2011年03月13日

災害派遣

昨日は仕事で広島まで車で行った。
九州自動車道に乗るなり、「災害派遣」と書かれた自衛隊の車が何台も走っていた。


3台ほどのグループで左車線を整然と走っていて、追い越しても追い越しても何台も走っていた。


広島までいったい何台抜いたか分からないほど。
自衛隊の方々も被災者になる可能性があるのは承知しているはず。


ぜひ無事に勤めを果たしてほしい。


それにしても、なんという災害なんだろう!


一体なぜなんだろう?


せめて、もっと暖かい時だったら・・・


思いは尽きない。



ある方からのリレーです。
**********
どうぞご協力をお願いいたします!!
>
>自衛隊では支援物資を受け付けています。
>各県の県庁が窓口です。
>
>まだまだ不足しているそうです。
>凍える寒さの中、空腹に耐えて救助を待っておられる方が沢山いらっしゃいます。
>状況は、ニュースよりもさらに哀しい状況とのこと…。
>現地の方は希望を持って頑張っておられます。
>どうかお時間のある方、宜しくお願い致します。
>
>募集品目とご注意頂きたいこと
>
>・衣料、食料、電池、日用品(石鹸やティッシュなど)、ベビー用品を募集しています。
>・食料は腐らないもの(レトルト、インスタント食品、栄養補助食品)など。
>・特に毛布やカイロなどの暖を取れるものが助かります。
>・衣料の場合はサイズごとにおまとめ頂き、分かるように明記ください。
>・衣料はなるべく綺麗なものが喜ばれるそうです。
>・なるべく1つの段ボールには一種類の商品⇒仕分けの手間が減ります。
>・重くなり過ぎない様に。
>・「地震支援物資在中」とお書き添え下さい。
>
>送付先
>
>●宮城県県庁 ← 仙台あてはこちらへ
>〒980-8570
>仙台市青葉区本町3-8-1
>[TEL]022-211-2111
>
>●岩手県県庁
>〒020-8570
>盛岡市内丸10-1
>[TEL]019-651-3111
>
>●青森県県庁
>〒030-8570
>青森市長島1-1-1
>[TEL]017-722-1111
>
>●福島県県庁
>〒960-8670
>福島市杉妻町2-16
>[TEL]024-521-1111
>
>【その他全体の取組について】
>
>防衛省 (代表)
>03-5366-3111   

Posted by 生命保険認定士 at 08:41Comments(0)

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震と地震保険

東北地方太平洋沖地震の被災はなんとも痛ましい。
誰のせいでもない天災は、本当にやるせない。


しかし、これだけ大きなエネルギーが放出されると、他の地域の活断層などを刺激する可能性がある。
現に震源が異なる地震が伊豆や長野で起きている。


対岸の火事ではなく、日本人はしばらく身構えている必要があるように思う。
揺れを感じたら、即座に海から遠ざかること、これは肝に銘じておきたい。





さて、やや不謹慎な気持ちはありますが、地震保険についておおまかな説明をしておきます。


火災保険では、地震・噴火またはこれらによる津波(以下「地震等」)による損害は補償の対象となっていません。
地震等が原因で発生した火災による損害も同じです。



地震保険の加入は火災保険への加入が原則必須となります。


地震保険では、地震等を原因とする建物や家財の損害を補償します。地震保険は火災保険に原則付帯となり、単独ではご契約できません。
なお、地震保険はご希望により外すことも可能です。』




今回被災された方々は、地震保険に加入されていたのだろうか?
加入されていない方は、まさに「身一つ」でどうやって乗り切るのだろう?


「困った時はお互い様」という人の良心に期待するしかない。






→人を探している
→消息情報を提供する
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html  

Posted by 生命保険認定士 at 09:02Comments(0)

2011年03月10日

あらためて保険とは?

生命保険に「客観的」という考え方は存在しません。

なぜなら、「不確定な将来のことを対象とする」ためです。

もしかすると、「一度も入院しない」可能性もありますし、「ガンにかからない」可能性も十分あります。




ただ、死なない人は多分いないでしょうから(笑)、100%言えることは、

人は必ず死ぬ、そして死なない間は生きている」ことですね。





なにやら、ヘンチクリンなことを書いたようですが、保険に関して確実に言えるのはこれくらいではないでしょうか?


でもさらに、「いつ死ぬのか」分からないのも大きな問題ですね。


長生きすると、公的年金を含めた生活費の問題や介護の問題も生じてきます。


これらすべてのことを想定して保険を考えるとキリがありません。


膨大な保険料になってしまいます。






さて・・・・・・



どうしましょう?







私は「すごくお金のかかる状況」を第一に考えるのが良いと思っています。


「すごく」というのは、「借金してもお金の出所のない状態」のことです。


こんな状況をお客様と一緒に想定しながら、私の場合は話を進めます。  

Posted by 生命保険認定士 at 20:51Comments(0)

2011年03月04日

【保険選びの5つのコツ!】








無料保険相談お申し込みはコチラ!
<ガン保険><医療保険><定期保険><収入保障><終身保険><養老保険><学資保険><三大疾病保障><介護保険><先進医療><セカンドオピニオン><緩和型><外貨建て><ドル建て><ユーロ建て><豪ドル建て><低解約型><傷害保険><賠償責任保険><海外旅行保険><火災保険><地震保険><自動車保険><PL保険><実費払い型医療保険><任意労災><メンタルヘルスケア><総合福祉団体定期><無配当保険><中小企業退職金共済>








  ■ こんな時代だから、少しでも家計を切り詰めたいんだけど・・・  

 

  ■ 我が家も保険の事業仕分けをやろうとしたけど、

     煮詰まっちゃって・・・   

  

  ■ ネットや通販って安いのかなあ・・・
                





           ⇒保険比較ってどうすればいいの?


  

Posted by 生命保険認定士 at 07:56Comments(0)